image  石渡真紀 MAKI ISHIWATA

千葉県出身
アメリカ、カリフォルニア州のSan Francisco Art Instituteで美術学士を習得。
約25年のアメリカ生活の間、絵画・版画・コラージュなどのメディアを通し自己の可能性を探索。2007年帰国。
手漉き和紙伝承のための活動に励んできた母親の影響のもと和紙の世界に深く魅せられ、
現在は母国にて手漉き和紙による独自の「植物のフォルム」を生み出している。
紙縒りと結びを生かした技法の展開が特徴的である。


Born in Chiba Prefecture, Maki Ishiwata graduated from the San Francisco Art Institute
with a BFA. In her nearly 25 years in the United States, she pursued painting,printing
making and collage to express her creative vision. After returning to Japan in 2007, the
artist began exploring the potential of washi inspired by her mother—an expert of the
traditional paper. Ishiwata’s washi “plant figures” uses an original paper string and
ligature technique, which has become her signature style.

2018

TRAP(福岡県)[Photo]

2017

9sense ARTS Vol.1(東京都)

石渡真紀展 和紙花という造形美(東京都)[Photo]

2016

WASHI Deco(東京都)[Photo]

FIBER CONTACT I(東京都)[Photo]

和紙の華咲くアート展 花菜ガーデン(神奈川)[Photo]

咲墨 saku sumi —街に咲く墨—(東京)[Photo]

咲墨 saku sumi —和紙咲かす人 墨入れる人—美濃和紙の里会館(岐阜)[Photo]

2015

ROOTS ギャラリー愚怜(東京)[Photo]

和紙と紙布の可能性 sibsi36 ギャラリー銀座(東京)

アトレ吉祥寺店(東京)

2014

和紙と柿渋のある暮らし 日本橋高島屋(東京)[Photo]

まとう彫刻展2014 ギャラリー空箱(東京)[Photo]

陶器と和紙花 Tea Gallery 楽庵(東京)[Photo]

2013

Red and Black ギャラリー愚怜(東京)[Photo]

WASHI in INDIGO パレアナ(東京)[Photo]

2012

WASHI HANA+ Fei Art Gallery (横浜)[Photo]

暮らしの中にある和紙と柿渋 渋谷東急本店 出展・実演(東京)

インスタレーション「99+1」(岐阜・美濃市)[Photo]

和の座/銀座松屋 出展・実演(東京)[Photo]

J・スピリッツ 日本橋三越 出展・実演(東京)

和紙花とガラス Tea Gallery 楽庵(東京)[Photo]

うちわ扇子展 Fei Art Gallery (横浜)

和紙と暮らす 出展・実演 インテリアワールド

東急百貨たまプラーザ店 (横浜)

ふくさのカタチいろいろ・紙の布いろいろ 栄三越 (名古屋)